fc2ブログ
ご挨拶
幕内~序ノ口までの全番付を個人的に予想しています。管理人の趣味にて予想して楽しんでいるものですので、実際の番付とは異なります。
初場所の番付予想を公開しています。
幕内に続き、十両の予想を公開致しました。

今回は十両の番付予想について述べて行きます。

豊山が引退を発表しました。
突然のニュースで驚きましたが、幕内上位まで順調に上がっていった力士ですから十両に下がってもなかなか勝てない状況はよほど状態が良くなかったのでしょうね。期待が大きかっただけに残念です。

東筆頭は上がれなければ水戸龍、西が武将山でしょうか。
全体的に候補が少なく星勘定と比較すると甘い編成になりそうです。
下位で二桁勝利の北青鵬、大奄美、欧翔馬、炎鵬が2~4枚目あたりまで上がって来そうです。
陥落の熱海富士も東3あたりで止まるのではと予想しています。
幕内から全敗で陥落の照強は西9枚目としています。これも通常よりは甘めですね。

湘南乃海の新十両と朝乃山、白鷹山の再十両が発表となりました。
昇進が3人、千代大龍と豊山の引退で2枠空きましたので陥落は徳勝龍1人でしょう。
幕内最高優勝経験者が入れ替わる形になるのは珍しいですね。
引退もあったので上がれそうな力士は全員上がれることになり、星勘定の微妙な魁勝と對馬洋も十両に残れそうです。

幕下以下の予想番付も公開していきますのでお待ち下さい。
スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へ 

この記事へのコメント
いつも予想楽しみにしています、今年も予想お疲れ様でした。

白鷹山はよかったですね。
最近は陥落組に甘いとはいえ、對馬洋も魁勝も14日目の時点で陥落止むなしの星勘定だったのに、入替戦的取り組みが組まれて何とか勝って残留。逆に言えば白鷹山は5枚目以内で6番必須にされてしまった形で可哀想になぁと思ってました。
朝乃山は全勝か1敗じゃくらいじゃないと幕内復帰は厳しそうですね。いずれにしても来場所も楽しみです!!
2022/11/30(水) 10:44 | URL | AJ #-[ 編集]
AJ様

コメント有難うございます。
豊山の引退で枠が空きましたね。白鷹山もそうですが、對馬洋も魁勝も入替戦に勝ったとは言えまだ分からないという気持ちでいたのではないでしょうか。
朝乃山は本来は全勝して当然なのですが幕下でも2番落としていますからね。
過去には西13枚目で14勝の遠藤が入幕を果たした例はあります。いずれにせよ他の力士との兼ね合いになるでしょう。
2022/11/30(水) 11:05 | URL | osmo #-[ 編集]
入替え戦に負けた白鷹山ほどではないにしろ、痛い一敗を喫したのを千代大龍、豊山と2人も引退者が出たことで救われた感じ。

来場所に関しては、むしろ相手が楽になる感じがある。
朝乃山が苦戦するかもしれない連中は上位もしくは幕内に上がってしまうので、なんとなく、十両下位には朝乃山が取りやすい、安パイが残る感じ。
むしろ気を付けなければいけないのは今場所負けた幕下優勝の玉正鳳が2枚目あたりに上がってきて、序盤に割が組まれた場合。
まさか朝乃山が7-7で終盤を迎えることは考えづらいので入れ替え戦として組まれる可能性は低いので序盤で玉正鳳と組まれなければ、むしろ今場所より危なげない内容の相撲となるだろう。
2022/11/30(水) 11:15 | URL | 魁皇 #-[ 編集]
魁皇様

コメント有難うございます。
引退がなければどうなっていたか分からないですね。もちろんその場合に入替戦がこのような形で組まれたかも分からないのですが、こういう星勘定であれば微妙なところでした。
朝乃山は幕下戦が組まれるかは休場力士の数によるでしょうね。仰る通りで流石に陥落が危ぶまれるような星にはならないでしょうから序盤ですね。
2022/11/30(水) 11:19 | URL | osmo #-[ 編集]
豊山引退!尚早とも思われますが、別の意味で「あっぱれ!」です。
番付編成会議前に発表することで、幕下以下の力士たちが半枚ずつ上がるからです。白鷹山はおかげで再十両となりました。三段目以下も東筆頭になる力士はそれぞれ半枚上がって上の段の尻地位になります。十両と幕下では天と地の差、収入も含めて待遇が全然違います。幕下と三段目も然り、それ以下の段もやっぱり違います。ですから、豊山の潔さに「あっぱれ!」です。
最近、幕下陥落が見えたベテラン力士が、ウジウジとズルズルと番付編成会議をまたぎ、番付発表前後や場所が始まっても数日休場してから「(やっぱり)引退しま〜す!」となるケースが多いです。松鳳山、魁聖、若の里など実績者に見られます。それぞれ事情があって悩みもあるでしょうが、結局引退になるのであれば、スパッと決断して身を引いて頂きたい。ちなみに、垣添は幕下陥落場所で連敗後に引退しています。
大横綱と呼ばれた(?)Hは、昨年名古屋場所で千秋楽に地位が下の大関である照ノ富士を相手に全勝対決。バチバチの暴れ相撲で勝って15戦全勝優勝。しかし、翌月曜日に引退の意思を示し、報道もされました。NHKは未明の4時頃に速報テロップではなく、アナウンサーが出てきて映像も交えて5分ほど放送したのです。私は、たまたまその放送を観ました。でも、そのまま水曜日の番付編成会議をまたぎ、その後記者会見を開き発表に至りました。何が言いたいかというと、月曜日に意思表示をしているのですから、さっさと引退の手続きをすればいいのに・・・。そうすれば一人上がれたのに・・・。ということです。日馬富士は暴行事件の時、師匠のツルの一声があったかもしれませんが、スパ〜ッとケジメをつけましたね。誰か忘れましたが、一人十両昇進しています。Hは最後までやらしかったです。
過去に、小錦が幕尻あと一枚の地位で、十三日目に敗れて5-8と負け越し、報道陣の前で「もうやめる」みたいな話をしてしまいました。翌日、協会は「引退の意思表示」と捉え、十四日目の三杉里戦を不戦敗としました。小錦と高砂親方は協会に涙の抗議をしたものの認められませんでした。「意思表示」を大きく扱ったとされています。その後、正式に引退会見をしています。Hとの違いは何なのでしょうか?H引退の報道かあった際には「アッ、一人上がれるな」と思いましたが、手続きせずにズルズル。なぜか、木曜日の発表でしたね。悲話です。
2022/11/30(水) 13:14 | URL | (名前入力なし) #-[ 編集]
徳勝龍に触れるのを忘れました。10連敗で終わった訳ですから、覚悟した方がよかったのかなあと思いましたが、今回はそれほど落ちなさそうですので、5勝で返り咲ける?番付運があれば4勝でも・・・と考えてるかもしれませんが、力が落ちてるのはミエミエです。甘くはないと思いますが、幕内最高優勝経験者としてのプライドを持って頑張って頂きたい。間違っても、12月の番付発表前後の「や〜めだ!」は避けて下さい。
2022/11/30(水) 13:30 | URL | (名前入力なし) #-[ 編集]
>松鳳山、魁聖、若の里など実績者に見られます。

松鳳山は本人は自分から退職すると言った言っているが、少なくとも師匠が定年時に参与就任したことで取得は無理で借株で残るか退職するかの2択でおそらくぎりぎりまでもめていたことが想定され、魁聖は入れ替え戦に負けていたので陥落は濃厚だったけれども千秋楽勝ったことによって決断が鈍り迷ってしまった点、若ノ里に関しては陥落は決定的だが、すぐに戻れる番付なら続けようとおもって大勝が必要な4枚目と判明したのを以て決断。

どのケースもまあやむを得ない事情とは思うけど。
特に松鳳山に関しては、おそらくもっと若く同郷の島津海あたりに名跡譲るつもりで空けなかったのかもしれないけど、部屋で一番出世した関取に譲らずにしれっとあんまり健康状態良くもないのに参与に就任した若嶋津は冷たいなとは思った。
アイリと結婚でもしてれば状況が変わったのかもしれないけど、アイリがやってた部屋のyoutube見ても、2人の間に微妙に距離があって島津海とかとの方が仲良さそうだったからな。
松鳳山の独身時代にきっと何かあったんだろうと想像される感じだった。
2022/11/30(水) 13:51 | URL | 魁皇 #-[ 編集]
>幕内最高優勝経験者としてのプライドを持って頑張って頂きたい。

元大関とかじゃないんだからそこまで求める必要はないんでは?
所詮幕尻の平幕優勝だから。
それに、徳勝龍はおそらく名跡の取得どころか借株の目途も経ってないので、協会退職のつもりじゃない限りは辞められない。
2022/11/30(水) 14:05 | URL | 魁皇 #-[ 編集]
べき論を持ち出すなら、むしろ師匠がなくなった時に部屋継承を承諾した方がよかったかもという点かな?
ただ、(おそらく女将の要請を)断って現役続けたのは、できるだけ長く現役でいたいと思ってたからだろう。
旭天鵬が師匠の定年で引退せず友綱との合併になったのと心情的には多少似通っている。

隆の鶴じゃなく、若ノ里が部屋を継いでいれば(先代)女将と揉めて、部屋名称が変わることもなく、横綱になった稀勢との関係が微妙になることもなかっただろう。

2022/11/30(水) 14:13 | URL | 魁皇 #-[ 編集]
コメント有難うございます。
引退にはそれぞれ事情があるので何とも言えないとは思います。徒に枠を空けずに昇進を妨げたりするような人はいないでしょう。
年寄襲名のタイミングであったりその他の調整などで番付編成会議前に届出ができなかったケースもあるでしょうし、一概に決めつけることはできません。
小錦の場合は引退届のタイミングの話ではないので事情が違います。引退を表明している力士が土俵に上がることの是非が問われたというだけのことです。
2022/11/30(水) 21:41 | URL | osmo #-[ 編集]
魁皇様

コメント有難うございます。
仰る通りで事情はそれぞれなので届出のタイミングは分かりませんね。その他にも報道されていない事情などもあるでしょう。
松鳳山についても裏の事情は分かりませんので推測で話す意味はないと思います。
2022/11/30(水) 21:43 | URL | osmo #-[ 編集]
千代大龍に続き豊山も引退発表したのには驚きました。今場所負け越した時点で決意したとのことでしたが…。

というわけで棚ぼた的な形にはなりましたが白鷹山(西14予想)が再十両の座を得た形になりましたね。
幕内から陥落の熱海富士(東3)と照強(東10)も他力士の上下の隙間を考えるとこんなもんではないでしょうか。

加えて北青鵬(西1)・欧勝馬(東4)・金峰山(東5)といった新勢力が上位に上がってきてまた時代が変わろうとしている気がします。
2022/11/30(水) 22:07 | URL | 謎の城 #-[ 編集]
魁皇さま
様々な反響を頂き光栄でございます。
仰ってる内容は概ね存じておりますし、各力士の諸事情も理解させて頂いております。
私は「べき論」で述べている訳ではありません。後進(決して若手とは限らないが)にキッパリと、引き際鮮やかに、地位を譲った方が「カッコエエ」ですよ。というコトです。私見です。
徳勝龍の幕内最高優勝を低く見られてる様ですが、私も同感です。一応敬意を称しての意見です。尚、令2初の優勝争い、九日目で8-1の徳勝龍に4-5不振の碧山を十一日目に当て、前頭中位で2敗で追っていた豊山と輝に当てるのが一日ずつ遅れた。十四日目に正代、千秋楽に貴景勝と当てたが、貴景勝が十四日目に関脇朝乃山に敗れて3敗となり水を差された形。結局13連勝で14-1は立派でしたか、幕尻とはいえもっと早く上位にぶつけていれは状況は変わっていたのでは?北勝富士、朝乃山など・・・。協会は甘かった。期待もしてなかった。正代が突っ切ると考えていて下さいアレヨアレヨと突っ走りゴールを切ってしまった・・・というトコロでしょうか。大関と前頭四枚目しか上位戦が無かった訳ですから。
幕尻に近かった琴富士が突然変異で14-1で平幕優勝した際も、終盤は上位戦の連発も撃破。十三日目に決めて十四日目の貴花田に敗れたものの、千秋楽は当時東前頭筆頭の曙を一気に押し出し(突き出し?)て見事な内容での優勝で、翌場所一気に小結(張出)に駆け上がりました。幕尻貴闘力は十二日目2敗の大関武双山を破り12連勝のあと、曙と武蔵丸の両横綱に結びで連敗して黄信号。千秋楽に一差の3敗関脇雅山と対戦。押し込まれてからの土俵際逆転勝ちで優勝をもぎ取りました。琴錦の2回目の平幕優勝も、11連勝のあと十二日目に結びで横綱若乃花に敗れたものの、十三日目はまたも結びで2敗で追う横綱貴乃花を破り、十四日目に大関貴ノ浪を破って優勝を決めました。みんな上位戦を撃破(連破)して賜杯を抱いています。照ノ富士の幕内復帰場所の優勝も終盤大関・関脇・関脇戦で、優勝争いの直接対決でした。正代に敗れたものの、新大関朝乃山と御嶽海をあっさり破って復活優勝でした。照ノ富士は徳勝龍のあとですが、いかに徳勝龍の快進撃に油断してたかがわかります。
というコトで、徳勝龍の平幕幕尻(正味の)優勝は値打ちがちょこっと足りないのかなあ・・・と思っています。
NHKアナウンサーの方々も、中継内で「幕内最高優勝経験者」と様々な場面で伝えていました。六日目の朝乃山戦では「幕内最高優勝経験者」同士の対戦が十両で実現・・・とか、終盤は関取の地位が危ういコトと合わせて使われていました。まあ様々なコトを、今どきハヤリの「総合的判断」とリスペクトを以って述べさせて頂きました。
2022/11/30(水) 22:07 | URL | (名前入力なし) #-[ 編集]
謎の城様

コメント有難うございます。
千代大龍も豊山も決断が早かったような印象はありますね。
白鷹山は良かったですね。魁勝や對馬洋もやきもきせずに済んだのではないでしょうか。

熱海富士と照強もあまり落ちないのではと予想するくらい甘めの編成になりそうですね。
仰る通りで十両でもたついている力士が多い中で新しい勢力が一気に上を窺おうとしていますね。
2022/11/30(水) 22:59 | URL | osmo #-[ 編集]
コメント有難うございます。
徳勝龍に関してはそうですね。まさかという間に勝ち進んだ感じはありました。
引き際の潔さは褒めてしかるべしですが他の力士を批判するのは少し違うように思いますよ。
また、お名前かタイトルを入れて頂くとスムーズな会話になるのでお願いします。どちらも無しではどのコメントへの返信かが分からなくなってしまいます。
2022/11/30(水) 23:03 | URL | osmo #-[ 編集]
全勝か一敗というのはちょっと難しいかもしれません。幕下で負けた2番はそんなに大きくない力士が相手でした。今の十両では出場停止期間中に上がってきた若手はやりにくいかもしれませんね。
2022/12/01(木) 02:27 | URL | 新田たつふみ #-[ 編集]
朝乃山は東十13でしょうか??
照ノ富士は西十13で13連勝(十三日目は琴ノ若を一気に寄り切り)と快進撃。遠藤の例が皆さんの頭をよぎったコトでしょう。しかし、錦木&大奄美に連敗で13-2と失速。アチコチの番付予想では、ムリヤリ再入幕もちらほら。結果は皆さんご存知の通り東十3で、成績は10-5ともうひとつ。若隆景、琴恵光にも黒星を喫しています。千秋楽に千代鳳に敗れて、状況によっては幕内復帰できなかったかもしれません。
無事に再入幕、結果は五日目の高安に敗れた1敗で快進撃。13-2で優勝。翌場所は先の14-1の徳勝龍より成績が落ちるにも関わらず、一枚多く上がって東前筆頭と躍進させました。ココには、初日二日目と鶴竜・白鵬と対戦させて話題沸騰と目論んでいたのが感じられました。しかし、両横綱の休場で吹っ飛んでしまいました。結局、鶴竜とは対戦出来ず、白鵬とは翌年名古屋千秋楽でやっと対戦。白鵬の意地の相撲で敗れ、結果的に引退の花向けになってしまいました。
朝乃山は、来場所14勝以上なら幕内復帰確実。13勝の場合は幕内下位と十両上位の成績次第でねじ込むかもしれません。入幕後は、照ノ富士と同じコースで突き上がって頂きたい。関脇、小結、前頭上位のツメツメの解消のためにも、早く戻ってきて下さい。協会は出来る限りのコトはしてくれると思いますよ。
2022/12/01(木) 12:44 | URL | (名前入力なし) #-[ 編集]
>全勝か一敗というのはちょっと難しいかもしれません。

それはそうでもない気はする。
朝乃山が苦手にするのは自分と同等もしくはより上背があって、立合いで組み負けてしまう相手(照ノ富士、逸ノ城、魁聖etc)か動きが速く変化、引きが使える力士で前者は今の十両でその可能性があるのは北青鵬くらいで彼は星勘定的に上位に上がるので、北青鵬自身が優勝争いをしたときに当たる可能性がある程度で少なくとも序盤では当たらない、後者は今場所負けた玉正鳳のような力士で、これも炎鵬が好成績で上位で上がるので序盤では当たらない。

序盤で当たるであろう来場所十両下位が予想される面々ははっきり言って朝乃山がカモにするタイプの力士ばかり。
一度波に乗ってしまえば全勝もあり得るような気はしている。

幕下で2番も負けたことを懸念する声は多いとは思うが、二番とも苦手なタイプに負けてるだけ。
そこまで懸念する状態ではなく、照ノ富士も幕下で2敗してることもあり、幕下で2番も負けてるから十両ではもっと負けるということでもないと思う。
2022/12/01(木) 14:44 | URL | 魁皇 #-[ 編集]
新田たつふみ様
魁皇様

コメント有難うございます。
朝乃山は大関復帰や横綱昇進を改めて目指すのであれば上位でも全勝して欲しいくらいですからね。
十両で躓いていて欲しくはないです。復帰してそろそろ本番の土俵の感覚も思い出していることとは思います。
2022/12/01(木) 18:19 | URL | osmo #-[ 編集]
コメント有難うございます。
朝乃山が来場所幕内に戻れるかどうかは枠の問題もあると思います。少なくとも13勝はないと難しいとは思いますが、全勝でも枠が空かなければ難しいとも言えます。
2022/12/01(木) 18:20 | URL | osmo #-[ 編集]
>全勝でも枠が空かなければ難しいとも言えます。

幕下上位15枚目以内の全勝のように明言はされてないが、さすがに全勝となるとかなり優先順位高く判定されるんでは?
把瑠都のケースで行くと東11枚目の全勝で西前頭11枚目までアップで、2枚目9勝の土佐ノ海より上の番付になっている。
東筆頭の勝越しより優先されるかというとどうかとは思うが、それ以外の上位の1桁勝越しよりは優先されるような気はするので、西14枚目とかにならない限りは(微妙な星の魁勝、對馬洋と棚ぼた昇進の白鷹山がいるので多分それはない)全勝であればかなり濃厚だと思う。
2022/12/02(金) 11:00 | URL | 魁皇 #-[ 編集]
>十両で躓いていて欲しくはないです。復帰してそろそろ本番の土俵の感覚も思い出していることとは思います。

照ノ富士は13連勝で優勝決めてから残り二日幕内経験者に連敗している。
豊昇龍、琴勝峰、琴ノ若と強豪の若手は難なく退けている。
朝乃山も北青鵬辺りにはそういった格の違いを見せつける意地はほしい。

十両に落ちてる元幕内という意味では炎鵬が要注意。
関脇の時に一回負けてる。
2022/12/02(金) 11:14 | URL | 魁皇 #-[ 編集]
魁皇様

コメント有難うございます。
仰る通りで全勝ならばかなり濃厚ではありますが、枠が1つくらいしか空かなければ東筆頭の勝越が優先にはなるでしょうし、2枚目くらいまでで2桁勝利となると勝てないようには思います。
実際どういう状況になるか分かりませんが、そこは運もありますね。
白鷹山よりは上になるので西14はないですよね。
2022/12/02(金) 11:27 | URL | osmo #-[ 編集]
魁皇様

コメント有難うございます。
仰る通りで期待の若手よりは曲者に注意という感じはしますね。炎鵬は確かに警戒ですね。
2022/12/02(金) 11:28 | URL | osmo #-[ 編集]
魁皇さま
朝乃山は北青鵬を特に問題にしないと思います。足が長く脇も甘いので、立ち合い前or横回しをどちらでも取れば、そのままあっさり寄り切れると考えてます。ただ、北青鵬は将来「貴ノ浪二世」になれる逸材だと十両解説の複数の親方が仰ってましたし、私もそう思います。師匠が白鵬に完全に代わりましたので、今後の成長は早いでしょうから、これからの対戦はどうなるか楽しみにしたいですね。
炎鵬が一番良かった場所に敗れていますが、あの時は上位陣がみんなビビってました。やることなすことうまくいったピークだったと思っています。舞の海さんの足技等のアドバイスも、なかなかうまくいかなかった様で封印しているので、むしろ10枚目辺りに落ちてくる照強の方が序盤の不安定な時に当たりそうで怖い。新大関の十四日目に初顔合わせ。見事な足取りでひっくり返された相手。イヤな印象はこちらの方が強いかもしれません。翌場所はまた足取りに来たのを一蹴してます。それ以来の対戦かな??照強は今場所は全敗でしたが、初場所中には阪神淡路大震災の1/17=自身が正にその日に生まれた誕生日=を十日目に迎えます。ブサイクな成績で十日目を迎えたくないでしょうから、対戦したら弾みをつけるためにも何かしてくる曲者であるのは間違いないでしょう。
ともかく、ド〜ンと腰を据えてどっしりとした相撲を取れば、朝乃山は栃ノ心以来の全勝優勝で「ハッピーエンド」になると信じましょう!がんばれ!
2022/12/03(土) 11:02 | URL | (名前入力なし) #-[ 編集]
魁皇さま
照ノ富士が幕下で2敗・・・とありましたが、厳密には三段目で肥後ノ城、幕下で千代の国の2敗です。復帰場所の序二段では、優勝決定戦で今場所新十両の狼雅に敗れていますよね。
2022/12/03(土) 11:13 | URL | (名前入力なし) #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://finstr.blog73.fc2.com/tb.php/334-59e2909e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 大相撲 来場所予想番付 ブログ版 All rights reserved. |